秋の訪れ 投稿日:2018年10月19日

お昼に読んでいる人はこんにちは。夜に読んでいる人はこんばんは。英語圏で朝に読んでいる人はグッドモーニング。インドネシアで朝に読んでいる人はスラマッパギ。どうも天才ブロガーの半熟卵つーすけです。

 

夏が終わってもうすっかり秋ですね。夏が好き?それとも冬が好き?というありきたりな質問がありますが、僕は夏より冬の方が好きです。冬の寒さは着込みまくったり、こたつに入ればどうにかなりますが、夏の暑さは服をすべて脱いでも暑い。しかも最低でも局部は隠さないといけません。何も服を着ずに外を歩けばすぐに白と黒の車が赤いパトライトを光らせながら来るでしょう。まあ、誕生日やクリスマス、さらにお正月というイベントがたくさんあるから好きというのが大きいです。

 

さて「読書の秋」、「食欲の秋」などいろいろありますが、今回は「ファッションの秋」ということで委員会メンバーのコーディネートを紹介したいと思います。

まず最初はこの方々です。(肖像権保護のため顔の一部を隠しております)

左の方は落ち着いた深い青のモックネックと白のコーデュロイパンツ、そしてグレーのハイカットのスニーカー。モックネック良いですよね。僕も欲しいです。スニーカーもいい色してます。本人のコメントは「バイト終わりだからあまり自信がない。もっと事前に言ってくれればちゃんとオシャレしてきたのに。」とのことです。ちなみに全身総額は約16,000円だそうです。

右の方はクリーム色のニット風カーディガンにチェックのスカートで足元はオックスフォードシューズ。キレイめでうまくまとめられています。秋っぽくてよいですね。本人からコメントは「コーデの最大のポイントはあーしの顔です!」とのことです。

 

次はこの方です。(肖像権保護のため顔の一部を隠しております)

19歳 男性

好青年ですね。エスニック柄のフリースベスト(古着)にブラウンのストレッチパンツ、足元には黒のスニーカー、白ソックスをアクセントとして取り入れています。ポイントを聞いたところ「家にあったものを適当に着てきました。」とテンション低く答えてくれました。ちなみに全身で約20,300円のコーデだそうです。

 

いかがでしたか?また気が向いたら委員会メンバーのコーディネートを紹介したいと思いますのでお楽しみに!

それではみなさんこのへんでサンパイジュンパラギ。(インドネシア語で「またお会いしましょう」)